就任の挨拶

 2018-2019年度郡山南ロータリークラブ第48代会長を努めさせて頂くことになりまして、会長就任にあたり一言ご挨拶を申し上げます。

パリー・ラシンRI会長(パハマ)は[インスピレーシヨンになろう】のテーマである『自らの行動をもって、ロータリーについて「感化」あるいは「示唆」しよう』を提唱されました。
 又、平井義郎ガパナーは、私たちに与えられた責任は、可能な限り、効果的、効率的に事仕し情報の透明性と説明責任を大事にし、そして、意義があり、持続可能な方法で、できるだけ多くの人により良い変化をもたらしながら、将来のためしっかりした土台を築くことです。
 ロータリーで会員が最高の経験ができるよう、そしてロータリーが、今年度や次年度だけでなく、ロータリーでの私たちの活動が、私たちの生獲を超え成長し続け、世界に投立っていけるようにすることが必要です。それが、ロータリーのリーダーとして私たちに託された仕事すと訴えられ、次の新しいビジョン声明は、ロータリーがこれからも長期的に繁栄していくために、未来の方向を定めるものであり、ロータリーが世界と会員にもたらしたいと願うインパクトを表していますと話され、「各クラブへのお願い」として次の各項を掲げられました。

  1. クラフや内に新しい風を吹かせてください。新しい風とは、新規プロジェクトを立ち上げることです。
  2. ロータリークラブセントラルで、常に最新の会員情報にしましょう。
  3. Mv Rotaryから生年月日の登録を60%以上。
  4. クラブ内に「研修リーダー」を選任し、地区研修リーダーが招集する研修会に必ず参加して下さい。
  5. クラブ内にIIT推進担当者」を選任し、必要な情報を必要な部署に連絡して下さい。
  6. クラブが関わるローターアクタ一、インターアクタ一、ライラリアン、青少年交換学生、財団奨学生、米山記念奨学生、の名薄情報を学友委員会に報告して下さい。
  7. 「ロータリーとは何ですか」の問いに、会員が明確に説明できるようにして下さい。
  8. SNSを活用し、ロータリアン以外の知り合いに情報を共有しましょう。
  9. メディアの露出度を高めましょう。メディアに映像が載った時に、ロータリーマークが映し出されるように工夫をして下さい。
  10. 青少年交換事業
    ・.募集開始時期5月から8月初旬。
    ・募集要項は地区ガパナ一事務所に提出して下さい。
  11. 「ロータリー=ポリオ撲滅」ポリオのビンバッジの着用を推進しよう。
  12. 地区補助金やグローパル補助金を活用し国外への支援を実践しよう。
  13. 「ロータリーカード」の普及と活用を検討して下さい。
  14. インターアクトクラブ、ローターアクトクラブの拡大を検討しましょう。
    ・提唱クラブに相談して共同提唱クラブになる事を検討して下さい。
    ・提唱クラブのロータリアンは、必ず彼らの例会に参加しましょう。
  15. 米山奨学生をホストしているクラブは、毎週の例会で、お手伝いをしてもらいましょう。
  16. 青少年と交流する時は、危機管理の徹底を図りましょう。
  17. 「ロータリーの友」への積極的な投稿をしましょう。
  18. 「ロータリーの目的「I四つのテスト」の毎週の唱和を推進しましょう。
  19. 地区の行事には、クラブ関係者の積極的な参加をお願いいたします。

以上の「各クラブへのお願い」を掲げられました。

  郡山南ロータリークラブの伝統を守りながら微力ではありますが、 クラブの発展に寄与したいと思っております。

  現在、ロータリークラブや他の奉仕団体、その他経済団体等の会員数の減少が著しく見られ ております中、郡山南ロータリークラブの会員数の増強が最大の目標でもありますのでクラブ会員増強に力を入れて行きたいと思います。

  ロータリークラブは、会員の親睦を深め、職業奉仕を尊重して、地域社会奉仕及び国際奉仕並びに青少年奉仕に貢献する事を目的としているものと考えられます。

  ロータリーの精神は「多く奉仕した者が多く報われる」と言われ、禅道では「利他の心」で言う、他を利して見返りを求めない奉仕が真の奉仕であると考えられており、私たちもそのような精神を尊重し、実践して行きたいと思っております。

 ロータリークラブは家族です。家族は一人でも欠けると寂しさが増すものでもありますので、クラブ会員が楽しく、全員参加出来る様なプログラムを実践してクラブ会員の皆様と共に連携して当年度のプログラムと奉仕活動を実施し、地域社会にロータリー活動をPR出来るように努めて行きたいと思っております。

  当年度はタイ国バンコク「チェラナコーンロータリークラブ」との友好クラブの締結と、2019年5月25日に郡山市民文化センターで行われます「全日本ロータリークラブ親睦合唱祭」が催され、数多くのプログラムが計画されておりますので、クラブ会員の皆様方のご協力をお願い申し上げる処でございます。